2011年09月30日

松江しんじ湖温泉 ホテル夕食編 夕景湖畔 すいてんかく

さて、本日ですが、楽しみにしていました

松江しんじ湖温泉 夕景湖畔 すいてんかくの
松江しんじ湖温泉 ホテル宿泊編 前回の記事)

夕食です。

夕食は私たちだけの為に個室が用意されていまして

そちらにとおされました。

今回の宿泊プランでは和牛三昧のプランで

したが、海の幸もたくさんでてきました^^

DSCF0674.JPG

DSCF0685.JPG

まずはビールで乾杯といきましょうか。

DSCF0680.JPG

こちらは甘エビとお刺身

DSCF0676.JPG

そして、和牛と海鮮(サーモン、イカ、ホタテ)

の鉄板焼き

DSCF0686.JPG

見る見るうちに

DSCF0688.JPG

いい焼き加減になってきました^^

DSCF0683.JPG

こちらのポン酢ダレで

DSCF0689.JPG

頂きます^^

DSCF0678.JPG

こちらは和牛のしゃぶしゃぶです。

DSCF0690.JPG

DSCF0691.JPG

DSCF0682.JPG

こちらはゴマだれで

DSCF0693.JPG

頂きます^^

DSCF0679.JPG

そしてこちらはズワイガニです。

DSCF0694.JPG

身は簡単に

DSCF0695.JPG

ほぐすことができました^^

DSCF0696.JPG

そしてこちらは

DSCF0697.JPG

しんわ蒸し?

DSCF0700.JPG

そして、こちらが和牛野菜巻き天ぷらとさやえんどう

の天ぷらです。

和牛野菜巻き天ぷらは2種類ありまして

DSCF0701.JPG

シイタケと

DSCF0706.JPG

エノキダケを巻いていました。

DSCF0711.JPG

DSCF0712.JPG

こちらはお吸い物です。

DSCF0707.JPG

こちらはお漬物に、ジュレ、栗の羊羹

DSCF0710.JPG

このジュレはピオーネだったような?

最後のとりは

DSCF0708.JPG

巨砲などの果物が入ったゼリーです^^

DSCF0709.JPG

最後に

夕景湖 すいてんかくの夕食を食べてみた感想

ですが、どちらももちろん最高!

和牛の鉄板焼きですが、非常にジューシーで

ポン酢ダレとよく合っていました。

和牛のしゃぶしゃぶもゴマダレで

食べるとバッチリです^^

肉巻きの天ぷらはエノキの分も椎茸の分も

肉とキノコの食感がいい感じでお味の方も

ナイスでした。

今は旬ではありませんがカニも最高です!

もう言葉にはなりません(^笑^)

もちろん食後のデザートのゼリーも言うこと

なし!

世は満足じゃ!

あっはっはっは〜。。。。。(^笑^)

料理も最高!

松江しんじ湖温泉 夕景湖畔 すいてんかくは

こちらです。



次回は朝食編です。

食事のメニューも楽しみですが、

さあ!朝日は見ることができるのでしょうか?

ご覧になっておいしそうと感じられた方、食べてみたいと

思われた方、

こちらをポチッとして頂ければ励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

2011年09月29日

松江しんじ湖温泉 ホテル宿泊編 夕景湖畔すいてんかく

さて本日ですが旅行記の続きで、松江城をあとにして
松江鑑賞編 前回の記事)

私たちが旅の疲れを癒す宿泊先は、松江しんじ湖温泉の

DSCF0758.JPG

夕景湖畔すいてんかくです。

私は独身の頃、別の旅館ですが松江しんじ湖温泉

には一度、宿泊したことがありました。

でもその頃は、確か真ん中のしんじ湖という文字

が無く、松江温泉と言われていたと思います。

時代の流れで、山陰地方では特に、

出雲空港→出雲縁結び空港

米子空港→米子鬼太朗空港というような感じで

観光客集めという意味合いもあり変わって

きているようですね。

前置きは長くなりましたが、

松江しんじ湖温泉 ホテル宿泊編ということで

夕景湖畔すいてんかくのご紹介に入りたいと

思います。

松江しんじ湖温泉と言えば日本夕陽百選にも選定

されている宍道湖畔に面した所にある温泉です。

そして今回も夕日を期待していましたが

あいにくのお天気でしたのでどうでしょうか?

さあ旅館へ入館です。

私たちが通された部屋はこちらの

DSCF0757.JPG

夢浮橋という洒落た名前の客室でした。

客室は以下のような感じでした。

DSCF0755.JPG

DSCF0751.JPG

DSCF0752.JPG

DSCF0753.JPG

DSCF0754.JPG

客室からは

DSCF0671.JPG

宍道湖がよく見えるレイクビューです。

私たちは、日本夕陽百選に選定されている宍道湖

に沈む夕日を見たいと思っていましたので

夕日の時刻がくる前に私たちは
(宍道湖の夕日の時刻等は
 http://www.kankou-matsue.jp/shinjiko_yuuhi/
 でご覧いただけます。)

露天ぶろ付きの大浴場に向かいました。

お風呂は露天風呂と普通のお風呂の2種類

だけでしたが、露天風呂の方は特に息子も気にいって

気持ちがよかったです。

ただ、脱ぎ場の貴重品を預けるロッカーのキーの

バンドの部分が壊れているのがあったのが

残念でした;^^

夕日が間に合う時刻に部屋に戻って気ましたが

DSCF0673.JPG

このような感じで、見ることはできませんでした;^^

しかし、翌日の朝日にちょっぴり期待してしまいました。

翌朝が非常に楽しみですね。

でも、その前に何よりも期待していましたのは夕食です^^

さあ!夕食にはいったいどんなメニューがでてくるの

でしょうか?

ということで

次回は松江しんじ湖温泉 夕食編です。

お楽しみに!

松江しんじ湖温泉の

夕景湖畔 すいてんかくはこちらです。



ご覧になられて面白いと思われた方、

うなずかれた方、こちらをポチッとして頂ければ励みになります。


どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ


おきてがみ

2011年09月28日

セブンイレブンのスイーツ その3 秋のあじわいマロン&カスタード

さて本日ですが、コンビニスイーツです。

セブンイレブンのスイーツその3ということで

秋のあじわいマロン&カスタードのご紹介です。
セブンイレブンのスイーツ 前回の記事)

DSCF1011.JPG

DSCF1012.JPG

今回の秋のあじわいマロン&カスタードですが

素材としまして、栗を使用したマロンペーストに

北海道産生クリームを加えた

マロンホイップクリームとカスタードクリームが

たっぷり入っています。

DSCF1013.JPG

次に秋のあじわいマロン&カスタードを

食べてみた感想を述べてみたいと思います。

DSCF1014.JPG

シュー皮の中の冷たいマロンクリームのペーストの

ザラッと舌触りは最高でした^^

肝心なお味の方は、マロンクリームの甘みが

いかされた感じがしまして、ダブルのクリームは

程よい甘さで、全体的にコクのある美味しさに

仕上がっていましたv^^v

気になる秋のあじわいマロン&カスタードの

お値段ですが、¥150です。

私としましてはこのボリュームでこの美味しさ

ですと、値段に見合った価格だと思いますね^^

セブンレイブンの秋のあじわいマロン&カスタード

はこちらです。

http://www.sej.co.jp/sej/html/products/original/2010/89111.html

次回は旅行記です!

お楽しみに!

ご覧になっておいしそうと感じられた方、食べてみたいと

思われた方、

こちらをポチッとして頂ければ励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村


おきてがみ

posted by ワーキングアント at 05:31| Comment(1) | TrackBack(0) | セブンイレブンスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

松江鑑賞編 松江城(城山公園)

さて本日ですが、いよいよ松江城に

出陣です。

縁結びモッフルを食べてから、松江城に
松江ご当地スイーツ編 前回の記事)

足を運びました。

休憩する前にかなり降っていた雨も

このときにはすっかり止んでいました^^

松江城は城山公園という場所の敷地内に

ありまして、森林が生い茂っています。

道を歩いているとこのような

看板を発見!

DSCF0532.JPG

蛇もいるようで、注意が必要です。

そして、息子が

DSCF0533.JPG

エスカルゴを発見!

雨上がりのカタツムリはホント!

絵になりますよね^^

DSCF0536.JPG

こちらは松江神社です。

DSCF0537.JPG

松江は1611年にお城と城下町が完成して

今年で開府400年になるということで

催し物をやっているそうです。

そして

DSCF0535.JPG

こちらが、松江開府400年祭マスコットキャラクター

のあっぱれくんです。

DSCF0538.JPG

こちらが松江城で、国指定重要文化財になっている

松江城天守閣は全国に現存する12天守の一つで

山陰では唯一の天守閣ということです。

DSCF0539.JPG

いよいよ登閣です。

DSCF0540.JPG

中に入り、上の方に登っていきますが、

現存している天守閣ということで、仕方ないのですが

階段が非常に急でしたので小さなお子様やお年寄り

妊婦さんはご遠慮された方がいいかと

正直感じました;^^

でもお城としての風情は感じましたし、いい運動にも

なりましたのでので、そういう意味ではよかったです。

しかし、残念ながら、中は最上階以外は撮影禁止でしたので

写真は無いです。

ごめんなさい;^^

でも最上階からの見晴らしは非常に

よかったですよ^^

DSCF0541.JPG

DSCF0542.JPG

DSCF0543.JPG

DSCF0544.JPG

気になる松江城の登閣料(料金)ですが、

大人¥550、小人¥280、外国の方¥280

です。

松江城の歴史的背景等の詳細はこちらの

http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/index.html

ホームページをご覧下さいませ!

この後、私たちは宿泊施設へと向かいました。

私はこの場所で泊まるのは2回目です。

さあ何処だと思います?

答えは次回の旅行記をご覧下さいね。

いい場所ですよ^^

でも次回も一息入れて、スイーツの記事

を掲載しようと思っています。

お楽しみに!

ご覧になられて面白いと思われた方、

うなずかれた方、こちらをポチッとして頂ければ励みになります。


どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ


おきてがみ

2011年09月26日

松江ご当地スイーツ編 縁結びモッフル DE 松江だんご茶屋萌音 

さて本日ですが、松江ご当地スイーツ編ということで
松江観光編 前回の記事)

松江だんご茶屋萌音の縁結びモッフルのご紹介です。

DSCF0659.JPG

DSCF0658.JPG

まずはモッフルをご存知でない方の為に

ご説明させていただきます。

モッフルとは上の写真の右のスイーツで

お餅をワッフル型に焼き上げています。

通年商品にはこのモッフルに黒蜜ときな粉

がトッピングされていまして、ハート型の

モナカと彩り団子が添えられています。

今回私はこちらの

DSCF0661.JPG

秋バージョンの縁結びモッフルと

グリーンティーのセットにしました。

DSCF0662.JPG

秋バージョンの縁結びモッフルには粒餡と栗が

トッピングされています。

DSCF0665.JPG

DSCF0667.JPG

次に松江だんご茶屋萌音の縁結びモッフルを

食べてみた感想を述べてみたいと思います。

DSCF0668.JPG

モッフルのモチモチサクサクした食感は

最高で、甘さ控えめの粒餡と栗と非常に

よくマッチしていまして、この上ない美味しさでしたv^^v

モナカもサクサクした皮が最高で、粒餡は

程よい甘さでこれも最高!

モチモチした団子も適度な甘さで、上品な美味しさに

仕上がっていました^^

グリーンティーとの相性もバッチリでした☆

気になる松江だんご茶屋 萌音の縁結びモッフルの

お値段ですが単品が¥473で、ドリンクのグリンティー

とのセットでプラス¥263になります。

私としましてはこのボリュームでこの美味しさ

ですと値段に見合った価格だと思いますね。

縁結びのげんかつぎにも最高!

縁結びモッフルの

松江だんご茶屋 萌音はこちらです。

http://www.mochi-ikegami.jp/162.html

次回はいよいよ松江城に出陣です。

お楽しみに!

ご覧になっておいしそうと感じられた方、食べてみたいと

思われた方、

こちらをポチッとして頂ければ励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村


おきてがみ


松江だんご茶屋 萌音 和菓子 / 松江しんじ湖温泉駅

昼総合点★★★★ 4.5


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。