2013年05月25日

伏見 観光編 その2 懐かしのCMや河童の伝承見ました IN キザクラカッパカントリー

さて本日ですが、伏見観光編 その2ということで

キザクラカッパカントリーのご紹介です。

1248.JPG


1251.JPG

昨日の寺田屋の記事で、お伝えしましたが

京都市伏見区は酒造の産業が盛んで、この辺りには酒蔵が

たくさんあります。

かっては「伏水」と書かれるほど地下水が豊富で、昔から

日本では有数の酒造りの町として、全国に名をとどろかせて

いました。

この中には皆様がご存知の月桂冠や黄桜等といった

有名な大手酒造メーカーがありまして、今回は黄桜が運営する

テーマパーク キザクラカッパカントリーに入ってみました。

テーマパークと申しましても、入館は無料で

写真撮影も禁止ということで、文字だらけになりますが

ご勘弁を;^^

入口入ってすぐ左には、黄桜の懐かしのCMを見ることが

できるギャラリー 黄桜記念館がありました。

もちろんあの!

「かっぱっぱ るんぱっぱ。。。。。♪♪♪」

でお馴染みのあの河童のCMもこのCFライブラリーコーナー

で見ることができました。

つい最近までやっていたような気がして、小6の息子に

知っているかと、きいたところ、知らないという返事

がかえってきました;^^

河童のCM←はこちらでもご覧になれます。

本当に懐かしいですね^^

そして、この奥には河童の歴史と各地の伝承を紹介

したコーナーの河童資料館もありました。

河童にまつわる話と言えば、私が子供の頃母から聞いたの

ですが、お食事中の方すみません;^^

昔のトイレで人が大きいほうの用を足していると下から

手が延びて、お尻から何かを取られるという話を

きいたことがありました;^^

こちらの資料館でわかったのですが、それは河童にとって

大好物の人の尻小玉を取られるそうな!

尻小玉は架空の臓器と言われ、抜かれるとふぬけになると

言われているそうです。

このほかにも河童の日本各地の伝承等あり、非常に興味深かった

です^^

河童資料館は黄桜←のサイトでも一部紹介されています。

あとこちらのキザクラカッパカントリーには併設の京都で

初の地ビールレストラン かっぱ天国黄桜酒場もあります。

ランチタイムですと、平日限定で¥700の日替わりランチも

あるようです。

もちろん、夜には宴会メニューもありますよ!

詳しくは以下のぐるなびのサイトをご覧ください!

かっぱ天国 黄桜酒場
かっぱ天国 黄桜酒場
【業態】地ビールレストラン
【アクセス】京阪電鉄本線中書島駅 徒歩7分(地図
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!
※2013年5月25日現在の情報です

周辺のお店のお得なプラン
〜女子会 和コース〜飲み放題付き3時間 日〜木曜限定・祝前日不可
竹取御殿 山科駅直結店

とくとくプランでお得なプランをチェック!

       
あと館内にはお酒やお酒が使われたスイーツ等も

買える土産物屋さんもありました!

キザクラカッパカントリーは見どころ満載です!

伏見近辺では是非私がおすすめしたいスポットです!

「キザクラカッパカントリー」

TEL:075-611-9921
開館時間:10:00〜18:00
休日・休館 大晦日・元旦
ADDRESS:京都市伏見区塩屋町228番地 地図
交通手段:京阪電車中書島駅から徒歩10分
     近鉄桃山御陵駅から徒歩約10分
     JR桃山駅から徒歩約25分

次回の旅行記は私たちが今回宿泊した温泉旅館

ということで

伏見 宿泊サービス編です。

スイーツも登場します!

お楽しみに!

旅行記 新緑の京都への過去の記事

1.序章 まずは宇治へ
2.宇治 グルメ編 大茶万(おちゃまん)の茶そば(温)
3.宇治 スイーツ編 その1 伊藤久右衛門本店の宇治抹茶パフェ&わらびもち
4.宇治 観光編 平等院へ
5.宇治 スイーツ編 その2 駿河屋の茶だんご
6.伏見 観光編 その1 坂本龍馬ゆかりの宿 寺田屋 

ご覧になられて面白いと思われた方、

うなずかれた方、こちらをポチッとして頂ければ励みになります。


どうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ


おきてがみ
この記事へのコメント
キザクラカッパカントリー、行きたくなってしまいました。
前回の寺田屋レポートもとても面白かったです!

新緑の京都旅行記、宿泊編、楽しみにしてます☆
Posted by ぴかぴか丼 at 2013年05月25日 23:32
キザクラカッパカントリー面白かったですよ。
機会がございましたら是非!行ってみてください!
寺田屋も見所満載で最高でした^^
そのように感じていただいてうれしいです。

宿泊編ご期待に沿えるかどうかわかりませんが、お楽しみに!
Posted by ワーキングアント at 2013年05月26日 07:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。